• 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

how-to-study

先月、「募集人試験」という保険を取り扱うために必要な資格の試験を受けてきました。
合格可能性80~90%と易しい試験ではあるのですが、1週間でまさか取れるとは思っていなかったので、
その勉強の仕方を備忘録的に、残しておこうと思います。
ちなみに合格したのは、「基礎単位」と「商品単位:火災」の2つです。

過去問で出てきた問題を、テキストにハイライトする

これだけです!
時間が限られていたので、あれもこれも出来なかったのが
逆に良かったのかもしれません。

保険会社から渡されたテキストが、文字がずらっと書いてあるだけで、
ポイントがどこなのかわからなかったのです。

そこで過去問とにらめっこしながら、過去問に出てきた語句、
○×問題であれば、その正誤を判断できるための知識に蛍光ペンで線を引っ張っていきました。
だいたいこれで2日間くらいです。

後は過去問演習を何度も繰り返すだけ!

過去問を5周くらいしました。
2周目辺りから、ここの答えは「A」だよな…なんて覚えてしまっているので、
なぜその選択肢が正解なのか、なぜ他の選択肢が不正解なのか。
ちゃんと説明できるまで繰り返しました。

余裕のある方は、テキストを通読しましょうね…?

私は、過去問に載っていなかった場所は、一切手を付けませんでした。
付けている暇がなかったとも言いますが、出ちゃったらヤマカンでなんとかする!
の勢いで試験に臨んだのですが、これはちょっと危ないですね。

これを読んでくれている方は、もっと余裕のある勉強プランを組み立てて、
コツコツと知識を蓄えていくのがいいと思います。

私も、10月に宅建の試験があるので頑張ります。
お互いに頑張りましょう!

合格すると、ちなみに…

合格者証はPDF!

合格すると、合格者証が「PDF」で送られてきます。
紙でもらっても、電子データでもらっても同じことなのですが、
データだとありがたみが薄れますね……

何点取ったか

70%正解であれば、合格できるそうです。
基礎単位 : 84点
商品単位(火災) : 100点でした。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0