• 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

plugin-3-limiter

「ミックスで使うプラグインを学びたい人へ!」シリーズ第三弾は「リミッター(Limiter)」です。
ゲインをいじるだけで音圧をあげることができるため、ミックス・マスタリング時、音圧を上げるために欠かせないプラグインです。

リミッターの各パラメーターの解説と、使う上での注意点を初心者にもわかりやすくまとめました。

こんにちは、Seirobutaのはんぺんです。

この解説は、はんぺん自身が本や実際の体験、人から教わったものをまとめたものです。
ここに書いてある内容が、正解とは限りません。
あくまで「はんぺんがこう考えている」という視点でご覧ください。間違っている箇所に関しましては、コメント欄などでお伝えいただければ幸いです。

リミッター(Limiter)とは

リミッターとは、指定したアウトプットの音量よりも上の音は一切通さないエフェクトです。

指定したアウトプットの音量……つまり自分で基準を決めていますね。
基準を決めて動作するプラグイン。コンプレッサーと同じような動作をすします。

アタックタイムが限りなくはやい、レシオ∞:1のコンプレッサー。
それがリミッターです。

基本的に、コンプレッサーと原理は一緒なので、コンプレッサーを理解していれば理解はすぐにできると思います。

リミッター(Limiter)を使うと、どんな効果があるの?

DTMでは、0.0dBという数値をこえると音割れ(クリップ)といって、プチッとしたノイズが発生します。
このノイズは非常に耳障りのため、音割れはさせないように録音・ミックス・マスタリングをするのが鉄則です。

しかし不測の事態により音割れしてしまうことは多々あります。
そんな時、リミッターを挟んでおけば、たとえ音割れする音量が入力されたとしても、指定したスレッショルド以上には音量が上がらないため、音割れを防ぐことができるのです。

もちろん録音した音源が音割れしていたら効果はありませんが……。

このように転ばぬ先の杖的な使い方もできますが、
「0dBを絶対に超えない」この効果を利用して、音圧を上げることもできます。
ボリュームを上げていけば上げていくだけ音量の大きいところは潰れ、音量の小さいところは持ち上がるので、全体的に音圧も上がっていくのです。

しかしリミッターで圧縮された分だけ、音が歪み(ひずみ)、曲のダイナミクス(強弱のことです)は失われ、せっかくミックス時に整えた音量バランスも崩れていきます。

どこまで音量を上げたいのか、どこまでバランスが崩れるのを妥協するのか。
そのさじ加減がなかなか難しいエフェクトです。

リミッター(Limiter)の専門用語

ルック・アヘッド(Look Ahead)

先読みのことです。

通常コンプレッサーは、スレッショルドよりも大きい音になったときに動作するというお話をしました。
しかし急な大きな音には対応しきれず、その瞬間に動作できないときもあります。

そこで、あらかじめ先の情報を読み取っておくことで、急な大きな音にも対応できるようにする。
それがルックアヘッドというパラメーターです。

ルックアヘッドのパラメーターの秒数を大きくすればするほど、より先の情報を読み取るため、指定したスレッショルドを超える可能性がより少なくなります。

ゲイン(Gain)

どれくらい音量を上げるのかを決めるパラメーターです。
ゲインを上げれば上げるほど、音は大きくなり、曲のダイナミクス(強弱)が少なくなります。

アウトプット(Output)

エフェクト(今回はリミッターです)を通した後の音量の上限を決めるパラメーターです。
リミッターの場合は-0.0dBにすることが多いかと思います。

これは個人的な意見なので真似する必要はございませんが、
私の場合、mp3に変換する予定がある音源は、wav→mp3への変換時に音割れしないよう保険として「-0.5dB」にすることが多いです。

はんぺんが初めてリミッター(Limiter)を使ったときの思い出話

人は大きな音ほど派手に感じる傾向があります。
そのため多少潰れても、大きな音にする方が迫力もあり、いい音!と思われやすいです。

しかし、音量を必要以上にあげるということは曲の魅力も削っていっていることにも繋がります。
私はその辺りのさじ加減がわからず、ただ音が大きいだけの音源になってしまったことも度々ありました。

何事もバランスが大切だと思うので、自然に聞こえる範囲で音量をあげる工夫をできるようにしていきたいですね。

DAWの操作,ミックスの用語の暗記,エフェクトの知識…
もう覚えるのは「うんざり」ではありませんか?

・エフェクトの使い方を習得する
・各楽器のバランス調整を理解する
・音圧を上げるための処理をする
・「歌ってみた」などのカラオケファイルに音を馴染ませる処理をする

必要にかられて勉強をはじめたものの、覚える量がどんどん増え、
肝心の歌・作曲にかけられる時間が削られてはいませんか?

歌に楽曲作成、その上ミックスも1人で全てやる必要はございません。

歌に集中したい方は、歌だけを思う存分練習してください。
楽曲作成に集中したい方は、楽曲作成へ専念してください。

ミックス・マスタリングは、ミキサーのはんぺんへお任せください。

綿密な打ち合わせの上、あなたの作品の魅力を引き出すお手伝いをさせていただきます。

ミックス・マスタリングのサンプルもございますので、ご覧ください!

ミックス・マスタリングの相談をしてみる!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0