• 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

plugin-2

こんにちは、Seirobutaのはんぺんです。

「ミックスで使うプラグインを学びたい人へ!」シリーズ第二弾ということで、
今回は「コンプレッサー(Comp , コンプ)」について説明します。

この解説は、はんぺん自身が本や実際の体験、人から教わったものをまとめたものです。
ここに書いてある内容が、正解とは限りません。
あくまで「はんぺんがこう考えている」という視点でご覧ください。間違っている箇所に関しましては、コメント欄などでお伝えいただければ幸いです。

コンプレッサー(Comp , コンプ)とは。

さて、コンプレッサーとは。
決められた基準より音が大きくなったときに、音を圧縮するプラグインです。
圧縮する量や、圧縮するタイミングを調整することで、様々な効果を得られます。

パラメータもたくさんあって覚えづらい……。
でも動作自体は、実は単純なのです。

plugin-2-1

図の通り、自分で決めた基準よりも大きな音を圧縮する。
それだけです。

他のパラメータは、
その圧縮するタイミングを決めたり……
基準点より音が小さくなったときの動作を決めたり……
圧縮する量を決めたりするためにあります。

実際に使うのは正直大変です。
それでも、意味を覚えるだけなら意外と簡単なのです。

コンプレッサー(Comp , コンプ)を使うと、どんな効果があるの?

音を圧縮することで様々な効果を得られるといっても、初めて触る方にとってはピンとこないと思います。
実際に触ってみても、効果がわかりづらく、なんとなくでかけがちです。

そんなコンプレッサーの効果とは

  • 音圧をあげること
  • 演奏のノリをだすこと
  • 音を前にだせること
  • 逆に、音を後ろにさげられること

 

などが主な効果として挙げられます。

どうして音を潰すのに音圧があがるの?

わかりやすくボーカルを例に使います。

ご自身で録音されるとよくわかると思いますが、音量は常に一定ではなく、音の大きいところ、小さいところにわかれています。

この大きい音の部分を圧縮すると一時的に音量は下がります。
しかし、その減った分の音量をもう一度上げると、元々小さかった音まで持ち上がるから、結果的に音がおおきくなるのです。

そんなめんどくさいことをしなくても、単純に音量をあげれば、音が大きくなるじゃん。
と思う方もいるかもしれません。

デジタルオーディオの世界では、これ以上は絶対に上げちゃいけないよ!という音量のラインが「0dB」と決まっていて、これ以上音をあげてしまうと音割れというプチっというノイズが発生してしまいます。

ミックス中の音割れでしたら、音量をさげるだけで済みますが、
録音時の音割れは、ノイズ処理でも、ミックスでもどうにもなりませんので、録り直すしかなくなります。

実は、音を圧縮しつつ、0dBを超えないよう音量をあげるプラグインもあります。
リミッターやマキシマイザーといったプラグインが該当します。
また違う記事で詳しくお話いたします。

音圧とは?

学術的なことは置いといて、ミックスにおいては、曲を通して聴いたときに感じる全体的な音の大きさといった意味で使われることが多いです。
人は音量が大きいほど、良い音と感じる傾向があるので、コンプレッサーなどの各種プラグインを使用して、より音を大きく、派手にする音圧上げを行います。

コンプレッサー(Comp , コンプ)を使いこなすと、どんなミックスができるんだろう?

実に多彩なプラグインですが、多彩ゆえに使いこなすのが難しいプラグインでもあります。
効果的にコンプレッサーを使いこなせると、前で鳴っている音・後ろで鳴っている音と楽器ごとに住み分けができ、距離感にメリハリをつけることで、立体的で音圧が高く、迫力のあるサウンドをつくることができます。

しかし、メリットだけでなくデメリットもあります。
コンプレッサーを使えば使うほど曲のダイナミクス(強弱)が少なくなっていき、派手だけど音が大きいだけの面白味のない音源と思われてしまう原因にも繋がります。

曲によって使い分けることが大事です。

コンプレッサー(Comp , コンプ)の専門用語

スレッショルドとは?コンプレッサーが動作する基準点です。閾値と呼ばれます。線引きのことですね。
この線引きを境目に、この境を超えるとコンプレッサーが作動し、音を圧縮します。
この境を下回ると、コンプレッサーが動作をやめ、音の圧縮を止めます。

例 スレッショルド -10dBにすると、その数値を境にコンプレッサーが動いたり、動きを止めたりします。

アタック(Attack)とは?指定したレシオ値に圧縮し終わるまでの時間です。
単位はms(ミリセカンド)で表し、1秒=1000msです。

この数値を大きくすればするほど指定したレシオ値まで圧縮する時間が長くなります。
アタックの数値が小さいと、はやくコンプレッサーがかかることからアタックがはやい。
アタックの数値が大きいと、おそくコンプレッサーかかることからアタックがおそいと呼ぶことが多いです。


レシオが4:1、アタックが50msだった場合。
スレッショルドを超えてから、50msの時間をかけて、1/4に圧縮するということです。
難しい!

ちなみにアタックが遅すぎて、その間にスレッショルド値を下回ると、コンプレッサーは動作せずに素通りします。(コンプレッサーはスレッショルドを境に動作するため)

コンプレッサーは、指定したスレッショルドを超えると、即座に圧縮をはじめます。
その圧縮にかかるまでの時間を操作するのがアタックといつまみになります。

レシオ(Ratio)とは?圧縮率のことです。
スレッショルドを超えた音をどれくらい圧縮するのかを決めます。
○ : 1という単位で表します。

レシオを2 : 1にすると、スレッショルドを超えた音を1/2に圧縮し、
レシオを4 : 1にすると、スレッショルドを超えた音を1/4に圧縮します。
レシオを∞ : 1にすると、スレッショルドを超える音は、すべて指定したスレッショルド値まで圧縮されます。

レシオが高ければ高いほど、コンプレッサーをかけた圧縮された音になります。
この詰まった音のことを、私はコンプ感と呼んでいます。

コンプレッサーによって、このコンプ感が違うので操作に慣れるためにも、色々なコンプレッサーを試して欲しいです。

リリース(Release)とは?トラックの音量が、指定したスレッショルド値を下回った際に、どれくらいの時間圧縮を維持するのかです。
この数値を大きくすればするほどコンプレッサーの効果を持続させることができます。

なぜこんなことをするのでしょうか。
圧縮を急に解除してしまうと、圧縮された音と、圧縮されてない音の音量差が生じてしまい、違和感を覚えてしまうためです。

アタックと同じく、
リリースの数値が小さいと、はやくコンプレッサーが解除されることから、リリースがはやい。
リリースの数値が大きいと、おそくコンプレッサーが解除ことから、リリースがおそいと呼ぶことが多いです。

ちなみにリリースが長すぎ、スレッショルドを再び超えてしまうと、コンプが解除されず、ずっとコンプレッサーの効果がかかりっぱなしのサウンドになります。

ニー(knee)とはトラック音量がスレッショルド値前後を頻繁に行き来するようなものですと、コンプレッサーがかかったり、かからなかったりでサウンドが不自然になることがあります。

指定したスレッショルド値よりも小さな音からコンプレッサーをかけるようにすることで、この違和感を解消するのが、ニーの役割です。

コンプ感を強調したくないときは、ソフトニーを使うといいかもしれません。
コンプレッサーのかかりが自然になるので、オススメです。

逆にコンプ感を強調したいときはハードニーの方が都合がいいと思います。

はんぺんが初めてコンプレッサー(EQ)を使ったときの思い出話

音を大きくして、迫力のあるミックスをしたい!
そう思ってコンプレッサーを使ってはみたものの、アタックやスレッショルド、リリースなどの用語の意味がわからないまま、ひたすらプリセットをいじってその曲にあった設定を探していました。
音圧をあげることに躍起になりすぎて、バラードなのに音圧をバキバキにあげるなんてこともしました……。

いまでも私にとって、コンプレッサーは難しいプラグインです。
しかしどんなプラグインなのかという知識を覚えると、感覚だけでなく、知識でもコンプレッサーを扱うことができるようになります。

そうやっていじっているうちにどんどん感覚も知識も研ぎ澄まされていく……。
そういうのってワクワクしませんか?

DAWの操作,ミックスの用語の暗記,エフェクトの知識…
もう覚えるのは「うんざり」ではありませんか?

・エフェクトの使い方を習得する
・各楽器のバランス調整を理解する
・音圧を上げるための処理をする
・「歌ってみた」などのカラオケファイルに音を馴染ませる処理をする

必要にかられて勉強をはじめたものの、覚える量がどんどん増え、
肝心の歌・作曲にかけられる時間が削られてはいませんか?

歌に楽曲作成、その上ミックスも1人で全てやる必要はございません。

歌に集中したい方は、歌だけを思う存分練習してください。
楽曲作成に集中したい方は、楽曲作成へ専念してください。

ミックス・マスタリングは、ミキサーのはんぺんへお任せください。

綿密な打ち合わせの上、あなたの作品の魅力を引き出すお手伝いをさせていただきます。

ミックス・マスタリングのサンプルもございますので、ご覧ください!

ミックス・マスタリングの相談をしてみる!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0