• 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

music_7_mini

「ADAM S1X」を購入し「Rock oN Company渋谷店」の店員とトラブルなった件をまとめております。

現在、購入した「ADAM S1X」は「Rock oN Company渋谷店」へ返品し、返金も受けております。

music7-1

この記事はクレーム記事です。
決してタメになる記事ではありませんので「そんなことがあったんだ」と暇つぶし程度な気持ちでお読み下さい。
社名は記載しますが、問題を起こした店員の名前は伏せておきます。

店員のどんな態度に、腹が立ったのか

感情的になりすぎると、相手を攻めるために事実を自分の都合の良いように解釈してしまいます。
それを防止するため、実際のメールのやり取り等を交えて、淡々と書き連ねていこうと思います。

まずはどのような態度に気分が悪くなったのか、箇条書きでまとめます。

・約束事を守らないこと
・言葉がコロコロ変わること
・メールでの返信に2-3日時間がかかること

1つずつ詳しく書いていきます。

約束事を守らないこと

「Rock oN Company渋谷店」では、スピーカーの試聴が行えます。
私が「8月10日に視聴しに行きたい」と伝えると、その担当者(以下「Zさん」とします・店員の頭文字ではありません)は
「その日、私は夏休みなので他の詳しいスタッフへ引き継いでおきます」とメールで連絡を頂きました。

以下そのメール内容です。

Zさん → はんぺん

お世話になっております。ROCK ON PRO○○(Zさん)でございます。
ご連絡遅くなり誠に申し訳ございませんでした。

8月10日ご来店いただけるとのことでありがとうございます。あいにく私が8月5日から8月11日まで夏休みをいただいてしまいます。
ROCK ON PROスタッフは店頭担当がもう一人いるのですが、月曜日が公休のためこの日は二人ともおらず店頭スタッフに引き継ぐ形となってしまいます。
申し訳ございません。○○(他のスタッフ)という詳しいスタッフに引き継いでおきます。

MusikのRL906ですが店頭デモ機が修理に出ているためお試しが難しい状況でございます。
当日は8030BPM他店頭にたくさんの種類のスピーカーがありますので是非徹底的に比較いただければと思います。

それでは、引き続きよろしくお願い致します。

実際に「Rock oN Company渋谷店」へ行き、引き継いだスタッフへ「スピーカーの視聴をしに来たはんぺんと申します。Zさんから貴方に引き継いでいくと言われたのですが…」
と聞いたところ「何も聞いてないですね…」とのこと。

「結構適当な人なんだな」と思い、その日は他のスタッフに案内して頂きました。

言葉がコロコロ変わること・メールでの返信に2-3日時間がかかること

かなり長いので、結論から先に書きます。

無音時に、スピーカーから「サー」というホワイトノイズのような音がずっと聞こえていました。
不具合なのではないかと思い、Zさんに相談したところ、初期不良かもしれないとのこと。
その後電話にて、どのようなノイズなのか説明したところ、Zさんは「店頭機ではそのようなノイズは確認できなかった」と。
「代理店に送ってみるから、商品を送り返して貰ってもいいですか?」と言っていたので、商品を送り返しました。

すると「同じノイズが店頭機でも確認できました」と報告が来ました。
前述の引き継ぐと言いつつも引き継いでいなかったこと。
メールでの対応が遅いことも相まって、この人の言うことは信じられなくなっていました。

詳しい経緯

8月10日に「ADAM S1X」を購入し、届いたのが8月20日(日)でした。
スピーカーをセッティングしたところ、無音時に「サー」というホワイトノイズが聞こえていました。

ボーカルのノイズ除去等をする際、
モニターヘッドホンで聞いたときはノイズが乗っていないのに、スピーカーで確認するとノイズが乗っている状態で
ボーカルのノイズなのか、スピーカーのノイズなのかわからず、作業がいつも通り進みませんでした。

何かおかしいと思いつつ使い続けていたのですが、一応相談するだけ相談してみようと思いZさんにメールをしてみました。

はんぺん → Zさん

今回はご質問をさせて頂きたくメールをしております。
ADAMのS1Xという機種を購入させて頂いたのですが、
通電時から音を流していない時、サーというホワイトノイズが聞こえます。
スピーカーのボリュームを0にしてもずっと鳴っております。

前に使っていたYamaha MSP-5 studioではホワイトノイズはなっていなかったので、
不具合なのかどうか不安に思いご質問させて頂きました。

ご回答の方をどうぞよろしくお願いいたします。

すると、Zさんから2日後に回答がありました。

Zさん → はんぺん

サーというホワイトノイズとのことですがどれぐらいのレベルのものでしょうか?
また両方から出るのでしょうか?
初期不良という場合も考えれらるので、少々詳しくお教えいただければと思います。

よろしくお願い致します。

このメールに返信したきり、中々連絡が返ってこないので、
「メールだと返事が遅く、時間がかかるので電話して頂けませんか」とメールしました。

すると次のように返信が来ました。

Zさん → はんぺん

ご連絡がおそくなり大変申し訳ございません。
明日僕から電話致します。
申し訳ございまん。

いつもは2日、3日経たないとメールが来ないにもかかわらず、
このメールは、私が送信してから「たった1時間」で返事が来ました。

ございまんって何語だよ。
流れ作業のようにメールを打っている姿が目に浮かび、余計に腹が立ちました。

その後、電話にて、ノイズについて詳しく説明するとZさんは「店頭機ではそのようなノイズは確認できなかった」と。
また「代理店が初期不良かどうか調査するので、商品を一式送って欲しい」と言われたので、
電話のあった次の日の9月3日にクロネコヤマトにて「ADAM S1X」を送りました。

9月4日にはこんなメールがきました。

Zさん → はんぺん

お世話になっております。ROCK ON PRO Zでございます。
本日店頭にS1Xが到着しましたので、私の方で確認いたしました。
おっしゃっているノイズは確認できたのですが、店頭機と詳しく比べたところ店頭機からもほぼ同等のノイズが確認できました。
S1Xは300Wと他のスピーカーと比べると大きく、ツイーターのみで100Wという仕様ですので、このレベルのノイズは仕様のレベルだと代理店に言われてします可能性が高いと思われます。
代理店にこのままお送りいたしましょうか。いかがしましょう。
ご提案としましては、こちらのS1Xをご返品いただくか、他のスピーカーを購入いただくかという内容も承れますので、お客様のご希望をお聞かせいただければ幸いでございます。

明日私がお休みをいただいてしまいますので、CCにあります○○宛(他のスタッフです)にご連絡いただければと思います。
明後日日曜は私 Z がおりますので、Z 宛までよろしくお願い致します。

以上、宜しくお願い致します。

「店頭機ではそのようなノイズは確認できなかった」と言っていたのにもかかわらず、
「店頭機と詳しく比べたところ店頭機からもほぼ同等のノイズが確認できました」と言葉が変わりました。

「ADAM S1X」の出力の大きさについては私の勉強不足でしたが、
前述の約束事を守らないことや、メールでの対応が遅いこともあって、
この人の言うことが、言い訳にしか聞こえなくなりました。
出力の大きいスピーカーではノイズは仕方ないと聞いても、私はこの人の言葉を信用できませんでした。

返品することに

Zさんとやり取りを繰り返すほど、私はこの人が嫌いになっていきました。
これ以上やりとりをしても、また違ったミスをして、時間だけが無駄にかかってしまいそう。

そう考えた私は「ADAM S1X」を返品することにしました。

どんな思いでスピーカーを買ったのか、その思いを踏みにじられたことをどうにかして伝えたかったので、
こんなメールを送りました。

はんぺん → Zさん

お世話になっております。
以前お電話して頂いた際に、「店頭機ではそういったノイズは確認できなかった」と仰っていたにもかかわらず、
今回のメールで「ノイズが確認できた」と言葉が変わること。
8月10日(月)に御社へ向かうと伝えた際に「私は休みで居ないので○というスタッフに引き継いでおく」と仰ったにもかかわらず、
店頭に来店した際、引き継がれてなかったこと。
メールでのご返信が2-3日かかること。
等、約束事を守らなかったり、対応が遅いこともあって信用できません。

今回のスピーカー購入に至るまで、5年間、新しいスピーカーを買うかどうか悩んでいました。
スピーカーが届き、 初めて音を鳴らしたとき、今までの音とは数ランクも違い、
こんなにも綺麗に鳴るものかと、こんなにも音が見えるのかと驚き、これからのミックスがものすごく楽しみになりました。

しかし、今は正直ショックな気持ちでいっぱいです。
「S1Xが300Wと出力が他のスピーカーと比べると大きい」ということを知らなかった私も勉強不足でしたが、
購入の際に、もしくは私が問い合わせた際にお伝えして頂けたら納得できたのですが。

Zさんにとって、私は客の1人かも知れませんが、私にとっては5年越しの特別な買い物でした。
こんなことを書いてもどうにもならないのですが。

もうこれ以上対応されたくありません。
速やかに返品をよろしくお願いします。

これ以上面倒事でゴタゴタするのはこりごりですので、
ネットで振り込むのであれば、その振り込んだ通知書を、
銀行にて振り込むのであれば、振り込んだことを証明する通知書を、
メールにて添付してお送り下さいますようよろしくお願いいたします。

口座は、

銀行名:○○
口座番号:普通 ○○
口座名義:○○

金額 : 275,000円

になります。
重ねて申し上げますが、振込の手続きが終わり次第即座にご連絡下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

それに対してのメールがこちらです。

Zさん → はんぺん

お世話になっております。
私の対応に関しまして、はんぺんの立場に立ち考えてたところ大変失礼な対応をしてしまったとに気付き深く反省しております。
大変ご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
8/10ご来店の際、引き継ぎがなされていなかった点や、S1Xを購入いただいたことへのお礼のご連絡もせず、初期不良に対しても失礼な対応ばかりしてしまい、大変申し訳ございませんでした。
速やかに返金の手続きを進めさせていただきます。銀行振り込みでのご手配となりますので、振り込みご通知書をメールでお送りさせて頂きます。
今回はご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。以後このようなことの無いよう精進させていただきます。

よろしくお願い致します。

「こんな当たり前のことに今更気付いたのか」と呆れつつ、返品して正解だったと確信しました。
ここまで中身のない謝罪文を受け取ったのは初めてかもしれません。

今回の件で感じたこと

今回の件で、Zさんは私を「大勢いる客の中の1人としか見てないのだな」と強く感じました。

上手く説明できるかわかりませんが、具体例を出して説明します。
仮に、会社の売上目標(純利益)が「1,000万円」だとします。
今回私が購入したスピーカーは、27万円です。
しかし純粋な利益は5万円くらいだと思います。
Zさんからすれば、たかが5万円の客だと考えているのだと思います。
「5万円しか利益がないのに、どうしてここまで怒ってるんだ?」と思っているかもしれません。
どういった思いでお客さんがスピーカーを購入したのか、そのお金を使うことがどういうことなのか、そこまで頭が回らないのだと思います。

売上の1,000万円に意識を集中させることは悪いことではありません。
しかし利益を追い求めるあまり、その利益を生み出してくれる目の前の客をないがしろにしてしまう。これが悪いことです。
そんなことをすれば、利益はどんどん減少していくのは目に見えています。

しかし、自分が売る立場になったとき、この当たり前をきちんとわかっているでしょうか?
私は今回のことがあるまで、こんな当たり前のことを忘れてしまっていました。

私が「今月の目標は10万円だ!」と意気込むのは勝手です。
しかし、利益を追い求めるあまり、1人にかける時間を少なくし、クオリティを上げるためのやり取りを雑にこなしてしまっては、
作品の質が落ちることは目に見えています。
1人あたりの時間を削っているので、一時的な利益は伸びます。
しかし、これは今までちゃんとこなしてきたという信頼の貯金を切り崩しているだけです。
長い目で見れば、リピーターは減少し、いずれ私に依頼しようとする人は居なくなるでしょう。

そうならないために、どうしたらいい?

「対価のありがたみを忘れないこと」だと考えます。

ミックスの金額が1回10,000円だったとしても、5,000円だったとしても、1,000円だったとしても。
その人にとってはバイトや仕事をして貯めた大切なお金です。
大切なお金を、私の技術に使って貰っていると想像すれば
適当なことはできませんし、その人の気に入るものを創りたいと自然に思えるはずです。

今回の件は、反面教師にしよう

今回の件は、
約束を破られるとどうして嫌なのか。
言っていることがコロコロ変わるとどうして嫌なのか。
対応が遅いとどうして嫌なのか。
そして、それが積もるとどうなるのか。

自分の身を持って体験することができました。
当たり前のことですが、当たり前を当たり前にやるのは、かなり難しいです。
だから改めて、私が仕事をする際、こういったことをしないように心に刻み込んでおこうと思います。

自分の中で怒りを消化しきれず、こういった記事を書きました。
ひたすら怒り続けている記事にもかかわらず、最後まで読んでくださってありがとうございます。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0