。・*・:≡( ε:)

こんばんは、はんぺんです。

最近、歌い手として活動を始めたのですが、
ミックスのご依頼をさせていただきたいです。

最近、こういったお問い合わせをいただくことが多くなりました。
私としては、お仕事の依頼がきて嬉しいのですが、
「1度、ご自分でミックスをされてみてはいかがですか?」とあえて提案させていただくことにしています。

なぜそんなことをするかというと、
「お金を、本当に必要なところへ使ってほしいから」です。

歌い手をはじめたばかりだと、何が必要なのかがわからない

前に、私も歌い手をしていました。
歌を長く歌っていると、あれもこれも欲しくなります。

もっと綺麗に録音できるように、マイク・オーディオインターフェースが欲しい。
もっと歌を上手くうたえるように、ボイトレに通おうかなあ…など。

歌い手をはじめたばかりですと、
自分に必要なものがなんなのかわからないと思います。

これは歌い続けていくにつれて、わかっていくものだと思っています。
私が歌っていた頃は、

・もっと上手く歌いたい
・もっと色んな人に聞いてもらいたい
・もっと音質をあげたい

など、様々な「~になりたい!」が出てきました。
ミックスを頼む前に、お金の使い方は色々あります。

もっと上手く歌いたい!という方は…

ボイトレ教室に通ってみるのはいかがでしょうか?
「高いよ!」ということであれば、
本を買って、ボイトレをしてみるのもいいですし、
ネットで調べて、自分なりにアレンジしてみるのもいいかもしれません。

もっと色んな人に聞いてもらいたい!という方は…

宣伝をしてみたり、
TwitterなどのSNSや、ブログなどを書いてみて、仲良しなお友達を増やしてみるのはいかがでしょうか?

もっと音質をあげたい!

機材を買ってみたり、録音の仕方を勉強してみたらいかがでしょうか?
ネットで検索すれば、色んな機材が紹介されています。
この人の歌が好き!という方の機材を調べて、真似してみるのもいいかもしれません。

ミックスをやることのメリット

自分でミックスをすると、どんなメリットがあるのか。

それは、
「自分の弱点が見える」
「自分が目指している作品の形がわかる」ことです。

ミックスをするとわかること

ミックスをすると、自分の歌を何度も聞くことになります。
自分の歌を何度も聞いていると「何か違う…」と思うことがたくさんでてきます。

例えば、
「この歌、なんか高音がキツそうだな…」と思うのであれば、
カラオケのキーを下げて歌えばいいですし、
「ケロケロがなんだかかかりづらいな…」と思うのであれば、
ケロケロがかかるところと、かかりづらい場所の歌い方の違いを探すといいです。

このように、
何か違う…という部分を聞き直して、
どうして違和感を覚えるのか、どうしたらその違和感を拭えるのか考える事で、
自分の弱点を潰し、より歌の成長が早くなります。

また、
自問自答を繰り返すことで「どんな作品にしたいか」が段々わかってきます。
「こんなふうにしたいな~」という目標があれば、より表現の幅が広がりますし、
どんな歌い方をしたら、その理想の形に近付けられるのかもわかりますよね。

とにかく「楽しむ」ことが1番だと思います

せっかく歌い手になったのであれば、歌うことを楽しんで欲しいと思っています。
人気者になろうと焦っても、なかなか思い通りにはならないものですし、
早く上手くなりたい…と焦っても、なかなか長く続きません。

「長く続けていれば、段々上手くなっていくんだから大丈夫だ」と、
どっしり構えて、焦らず、自分のペースで楽しんで欲しいと思っています。

楽しくないと、続かないですしね!

そういった経験を積んだ上で、
ミックスが必要だな、と改めて思ったのであれば、
その時に「そういえば依頼できるページがあったなー」と
私のページを思い出していただければと思います。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0