「歌ってみた」や「ボカロ曲」のクオリティに大いに関わってくるミックス。
だいぶ昔、twitterでちらっと「ミックスは有料にすべきかどうか」の議論を見かけました。

「需要と供給の関係が成立していれば、有料の人も、無料の人もいていいんじゃないの?」
というのが私の考えです。
有料にしても、無料の方がいい人は自動的に無料でやっているミキサーさんにいくでしょうし、
この人のクオリティーならお金を払ってもいい、と思う方は有料のミキサーさんに頼むはずです。
また、有料でも「お金を払ってもこれくらいか…」と思えば、頼まれないわけです。

それだとここで終わってしまうので、もうちょっと引っ張ります!

ミックスを有料にしてもいいと思います。

ミックスの有料化に賛成か、反対かという題材で、ブログを書いている方をいくつかのぞいてきました。
意外にも、「有料にしますよー」という方が、少ないのに驚きました。

見返りを求めると、ストレスが溜まる。の記事でも書いた通り、
私が「自分がなにかをしたら、相手からお返しがあるだろう」という考えなので、そう思ったのかもしれません。

「有料にしてもいいんじゃない?」と考えた理由をつらつら書いてみます。

ミックスはタダじゃない

ミックスは本来お金のかかるものです。
「3トラックまでは、3000円」だったり、
「1曲につき、5,000円」だったりします。

金額はその方や、会社によってまちまちですが、
お金で彼等の技術を買っているのです。

1つの作品を仕上げるのに、1週間はかかる

録音された音源の処理にも様々な工程があります。
オケに馴染ませるための、音量調整、リバーブやディレイなどの空間系プラグインの調整や、
声をハッキリ聞かせるための、コンプレッサーやイコライザーや、
オートチューンを使ったケロケロ加工などの一味変わった特殊なエフェクト、
作品にインパクトを持たせるために、音圧をあげたり……などなど。

また集中して音を聴いていると、耳が疲れます。
私の場合は2時間集中するのが精一杯で、その時間が過ぎるとその日はミックスをしません。

次の日、自分がミックスをした音源を客観的に聞き直せるため、
自分の音源に、自分で修正を出します。

それの繰り返しで、1つの作品をつくっているのです。

また作品を仕上げるのに、長いときは1週間使っています。
1回で2時間なので、14時間でしょうか。

バイトでも時給○○円で、給料をもらいます。
ミックスも同じことではないでしょうか。

プラグインや各種機材も安くない

「歌ってみたを始めよう!」と思い立ったときに、どうやってやっていけばいいのか
お友達に聞くなり、ネットで調べたりしたと思います。
そのときに、インターフェースやマイク、ケーブル、マイクスタンド、ポップガードなど
色々揃えるものが多くて、大変ではありませんでしたか?

また全ての機材を揃えるのにかかるお金も、安くはなかったと思います。

ミキサー側も同じです。

ミックスをするために、リバーブやイコライザー、ケロケロ声を作るためのオートチューンなど
声質を整えるために必要なプラグインというものがあります。
もちろん無料のものもありますが、より良い物を作ろうとすると1つ1つのプラグインを購入しなければなりません。
値段はピンキリですが、皆さんによく知られているオートチューン。

これだけで、約43,000円します。

時給850円のバイトをしたとして、「51時間」働いてやっと買える品物です。
高い買い物ですよね。

揃えるものはプラグインだけでなく、ミックスをモニタリングするためのスピーカー、
音をより繊細に聞けるようになるためのオーディオインターフェース、
パソコン上でミックスするためのDAWソフト、
ハードウェアのコンプなどの機材…
など揃えようとすれば、数100万円以上の買い物になってしまいます。

ミックスを有料にすることは本当にデメリットなのか。

逆に、本当に無料がいいのでしょうか?

いままで色々なミキサーさんにミックスしてもらったけど、いまいちピンとこない…
本当はこうしてほしいけど、率直に物をいうのはなんか気が引ける…
何度もやり直しをさせるのは申し訳ない…

なんて考えている方には、

お金を払うことで、ミキサー相手に意見を言いやすくなるのかもしれません。

またミキサー側も、お金をいただいている以上は手抜きができないのも、
クオリティを求める上では重要なことだと思います。

ミックスをしてもらう側は、満足した作品を手に入れ、
ミキサー側は、対価としてお金をもらう。
お互いに気持ちよく仕事ができて、いいんじゃないのかなと思います。

終わりに -自分の体験談-

昔、デザイン事務所で働いていました。
それを知っている友人の知り合いに、以前、名刺の作成を頼まれたことがあります。
制作にとりかかる前に「データは作るけど、印刷はそっちでしてね」と伝え、「それでいい」というので、

名刺デザイン

こんなやつを作ってみました。
デザイン自体は喜んでくれました。
その知り合いさんから「印刷ってどうやるの?」と質問をされました。
「手持ちのプリンターや、印刷会社に頼めばできますよ」と言うと、
「え、お金かかるの? それならいらないや」と言われました。
「頼まれたから、時間を使って作ったのに、その態度はおかしいんじゃないの?」と伝えると、
「知り合いだから、ただでやってくれると思っていた」と一言。

ものすごくカチンときました。
大して仲も良くないのに、こんな態度をとる人間がいるのかと。

こういうマナーが悪い人に、ミックスをやっていても、出会ったことがあります。
お礼を言わなかったり、やってもらって当然、みたいな態度をとられたり。

私の周りには「この前~してもらったから、今回は俺のおごりでいいよ」という方ばかりなので、
それが当然だと思っていた分、余計に腹が立つのかもしれません。

そんな経験をしてから
「何かをしてもらったら、最低限感謝して、自分のできる範囲で恩返ししよう」と更に思うようになりました。

そうすればお互いに気持ちよくやり取りができると思うのですが、どうでしょうか?


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0